【あの忌々しい】の例文集・使い方辞典

しい 忌 意味 々

どうしても気になるという場合、満中陰の期間を早めて五七日(小練忌)に満中陰の法要を行うといった事例もありますが、そこまでこだわって考える必要はないと言えます。 この言葉に、他の者はみなドッと笑い、老人の後からぞろぞろ出て行きました。

4
「ぬすびと」ではなく「ぬすっと」という読み方が、いかにも江戸っ子が使いそうな粋な言葉遣いですね。

【あの忌々しい】の例文集・使い方辞典

しい 忌 意味 々

女性に対して、「勇ましい、潔い」という意味で「雄々しい女」「雄々しい女性」と褒め言葉として使えます。 「これじゃあアンケートが書けない・・・」 さあ困りました。

7
回忌法要の地域差 法要の考え方は、地域や寺院ごとによってずいぶんと異なっています。 その時のシーンに応じて使い分ける様にしましょう。

「物々しい」の意味とは?「物々しい雰囲気」の使い方や例文も解説

しい 忌 意味 々

ただし、必ずしも悲しみが100日で消えるわけではなく、涙も卒業することができるかといえば、それもわかりません。 態々雨の中来たのに、お店は定休日であった。

15
… セルバンテス/荻内勝之訳『ペルシーレス(下)』 より引用• 「態々」の語源 「態々」の語源は、形容動詞の古語 「態々し(わざわざし)」になります。

【あの忌々しい】の例文集・使い方辞典

しい 忌 意味 々

無愛想なわけではないですが、例えイライラするようなことや悲しいことがあったとしても周りに気付かれることはほとんどありません。 「女々しい」は基本的に男性に対して、侮蔑的な意味を含んで使います。

… 雨木シュウスケ『鋼殻のレギオス11 インパクト・ガールズ』 より引用• … 角田光代『空中庭園』 より引用• 使い方 「禍々しい」は形容詞で、 「恐ろしく禍々しい」などと文末に使われる他、 「禍々しい雰囲気」など名詞を修飾したり、副詞として 「禍々しく」と使います。 そんな隊が忌々しいことに、今では最強と目されている。

「態々」の正しい読み方と意味、使い、類語、語源、「業々」との違い

しい 忌 意味 々

「禍々しい」は 「わざわいや不幸を引き起こしそうである」という良くない意味で使います。 実は「態々」という言葉は、日常会話でもしょっちゅう使う言葉です。 いっそ切り落としてしまいたいが、 忌々 いまいましいことに奇瑞というのは切ったところでまた生えてくる。

13
「態々」は使い方を間違ってしまうと、嫌味に聞こえてしまいます。

「態々」の正しい読み方と意味、使い、類語、語源、「業々」との違い

しい 忌 意味 々

… 水野良『魔法戦士リウイ ファーラムの剣 呪縛の島の魔法戦士』 より引用• 「態々」の使用上の注意点 冒頭でも少し触れましたが、「態々」を使う際は2つの点に注意が必要です。 アニシナが決行するとしたら、犠牲となるロメロ役が必要になる。 弔い上げと遠忌 回忌法要を勤め終ることを、「弔い上げ」と呼ぶことがあります。

11
まっすぐ二階に行くといっていた! あの 忌々 いまいましい青銅のランプを居間の炉棚にのっけるのだといって! … カー/長谷川修二訳『青銅ランプの呪い』 より引用• 「猛々しい」を用いた表現でよく使われているのが「 盗人(ぬすっと)猛々しい」です。

【忌々しいこと】の例文集・使い方辞典

しい 忌 意味 々

… コンラッド/井内雄四郎訳『密偵』 より引用• また、同じ言葉を「いまいましい」という読み方にすると「 腹立たしい、しゃくにさわる」という意味になります。 「ぬすっとたけだけしい」と読みます。

しっかりと自分は持っているのですが、こだわり過ぎず「だめなら次」という感じでやり過ごしてしまいます。

中陰法要と回忌法要(年忌法要)について僧侶が解説

しい 忌 意味 々

拉致されて以来、ただの一度もそれを使った記憶はなかったが、ジムから部屋に戻る際に、それふうのエリアがあることは毎回目にしている。 「物々しい雰囲気」や「物々しい警備」などの使い方があり、類語には「厳めしい」「仰々しい」が当てはまります。 「猛々しい」の類語には、「いかめしい」「たくましい」「図々しい」「厚かましい」「恥知らず」「白々しい」「横風」「押し強い」「不遠慮」などがあります。

避けてなおかつ遠慮する。

忌々しい(いまいましい)

しい 忌 意味 々

周忌と回忌の数え方の違い 各回忌法要をみていく前に、周忌と回忌の違いについて確認をしておきたいと思います。 「禍」は 「わざわい」とも読みますので、災難や不幸など不吉な感じがすることを表します。 彼女がプロペラの下から出る前にコンラッドは離陸し、風圧でその白い髪がくしゃくしゃに乱れる光景に快哉を叫んだ。

4
親父はあの夕べ以来、ずっとうつむき加減で、そして今や、命の火を絶やそうとしている。