hololive IDOL PROJECT 1st Live.『Bloom,』 @東京ガーデンシアター

Bloom ホロライブ

バーチャルキャストさんのお家芸が見事にホロライブの皆さんと溶けあっていて、非常に感動的でございました……! 12月21日と22日の二日間、ホロライブは2回目の全体ライブ「hololive 2nd fes. 百鬼あやめ、兎田ぺこら、大神ミオ、大空スバル、宝鐘マリンが見事に掛け合いながら歌いこなしていく。

10
』は、夜空メル、紫咲シオン、癒月ちょこ、潤羽るしあの4人が世界観を演出しながらも、可愛いらしさが際立つキラーチューン。

ホロライブbloomの視聴方法やアーカイブは?チケットの値段も

Bloom ホロライブ

なおライブに向けて12月24日より9週連続で楽曲がリリースされることが決定。 ライブ中盤のMCでは、この日に誕生日を迎えたアキ・ローゼンタールに白上フブキがバラの花束をサプライズでプレゼントするひと幕も。 ホロライブ内でも屈指の歌唱力を誇る常闇トワの低音ボイス、ハリのある歌声はとにかく圧巻される。

2
ロボ子さん、アキ・ローゼンタール、百鬼あやめの3人の大人っぽい歌声と立ち振る舞いがステージ上でも輝いていた。

ホロライブbloomの視聴方法やアーカイブは?チケットの値段も

Bloom ホロライブ

・サイト運営上必要な告知を利用者に対して行うため ・統計分析の為 なお、統計分析の結果については第三者に広く公開することがありますが、個々の個人情報が統計分析の結果に含まれることはありません。

8
軽やかな動きと、独特の表現で観客を釘付けにした。

hololive IDOL PROJECT 1st Live.『Bloom,』 @東京ガーデンシアター

Bloom ホロライブ

ライブに向けて日々成長してきた彼女たちにとって、全曲オリジナルはホロライブ全体が次のステップに進むためのステージでもあり、メンバーたちの新たな一面を見ることができたライブだった。 利用者が、ご利用のパソコンでクッキーを受け取る設定にしている場合に、お使いのパソコンの所定の場所に保存されます。

Bloom「開催に寄せて」より引用 そう、今回出演するしないの選択についてタレント一人一人の意思を尊重。 Beyond the Stage Supported By Bushiroad」でもフィナーレで歌われた「Shiny Smily Story」。

ホロライブ、新プロジェクト「オルタナティブ」を始動 ライブ「Bloom,」にて発表

Bloom ホロライブ

最初のMCではライブのために用意されたハッシュタグ「 花咲くホロライブ」がTwitter世界トレンド1位を獲得したことがアナウンスされ、MCを担当した夏色まつり、兎田ぺこら、大神ミオの3人はステージ上で飛び跳ねて快挙達成を喜んだ。 出演者一覧(敬称略/順不同) ロボ子さん/夜空メル/アキ・ローゼンタール/白上フブキ/夏色まつり/湊あくあ/紫咲シオン/百鬼あやめ/癒月ちょこ/大空スバル/大神ミオ/さくらみこ/兎田ぺこら/潤羽るしあ/不知火フレア/白銀ノエル/宝鐘マリン/天音かなた/常闇トワ/雪花ラミィ/獅白ぼたん/尾丸ポルカ 2021年2月17日(水)に控えたライブに向け、9週連続の楽曲リリースも決定。 PR 乾いた花火の音が聞こえると、背中を向けた夏色まつりの凛とした佇まいからパワフルな歌声が静寂を切り裂くように鳴り響く。

19
。 ゆっくりと姿を現したさくらみこが桜の演出に溶け込むかのように『さくら色ハイテンション!』を披露した。

VTuber事務所「ホロライブ」、『もっとみんなでアイドルがしたい』タレント22名による音楽ライブ「hololive IDOL PROJECT 1st Live.『Bloom,』」開催決定!:時事ドットコム

Bloom ホロライブ

ニコニコ生放送は 「ニコニコポイント」の支払いなので、ポイントが余っている人はそれを利用することで安く買えます。 その後はサプライズ発表としてhololive IDOL PROJECTによる初の全国流通アルバム「Bouquet」が4月21日にリリースされることなどがアナウンスされ、コメント欄はファンたちの歓喜の声であふれた。 Beyond the Stage Supported By Bushiroad」は、『ノンストップ・ストーリー』に続く2回目の全体ライブとなった。

歌唱メンバーなどの詳細は後日アナウンスされる。 その度にカラフルな羽が舞い散る演出がとにかく綺麗で、その演出にアンコールの1曲目として公式曲『夢見る空へ』が乗っていく。

ホロライブプロダクション公式サイト

Bloom ホロライブ

再びガーデンシアターの画面に切り替わると、ステージには「魔界」をコンセプトに持つ夜空メル、紫咲シオン、癒月ちょこ、潤羽るしあの4人が登場。

再び大舞台に挑む今回のホロライブのメンバーにとっては、全曲オリジナル曲という新たな挑戦と同時に、アイドルとして次のステップを踏むことになる大事なライブだ。