新型コロナウイルスの致死率と季節性インフルエンザの致死率を直接比較するべきではない(JAMA誌より)|院長ブログ|おきのメディカルクリニック

率 インフルエンザ 年齢 別 致死

注射した直後から数日間にかけて出現する可能性のある副反応 (医療機関で治療を要します) ・急性散在性脳脊髄炎 発熱、だるい、頭痛、悪心、嘔吐等、 その後、髄膜刺激症状(頭痛、嘔吐、項部硬直、発熱) 片麻痺、失語、運動失調、四肢麻痺、昏睡等 ・ギラン・バレー症候群 末端から順に両手両足の力が入らなくなる、手足がしびれる、 寝たきりになる、呼吸困難等 ・肝機能障害 だるい、食欲低下、吐き気がする、黄疸がでる等 ・喘息発作 息切れする、せきがでる、ヒューヒュー鳴る、息苦しい等 ・血小板減少性紫斑病、血小板減少 皮膚や粘膜等の出血症状や紫斑(しはん)や青アザがある、 歯ぐき出血、鼻血、黒い便がでる、血尿等 ・血管炎 発疹足や腕に紫色や赤いアザができる、だるい、発熱、血尿等 ・間質性肺炎 発熱、咳がでる、呼吸困難、動悸、息切れする等 ・脳炎・脳症 発熱、吐き気、嘔吐、意識障害、言語障害、記憶障害、ふらつく、 けいれん、反応が鈍くなる、昏睡等 ・脊髄炎 胸から下のビリビリしびれ感がある、背中や腰が痛む、両足に麻痺がある 排尿障害、排便障害、四肢の麻痺、四肢の感覚異常等 ・視神経炎 片眼または両眼の急激な視力の低下、見ようとする部位が見えない、 眼球を動かすと目の奥が痛む、視野全体に霧がかかる等 ・皮膚粘膜眼症候群 皮膚がまだら模様に赤くなる、水ぶくれ、発熱、関節痛、目の充血等 ・ネフローゼ症候群 尿が泡立つ、むくみ(まぶた足の高度なむくみ)胸水(呼吸困難、咳) 腹水、心嚢水(呼吸困難、動悸、吐き気等)、体重増加等 などの副反応があります。

14
監修:クリニックフォアグループ医師 公開日:10月20日 参考文献 厚生労働省 東邦大学. <まとめ> 高齢者のインフルエンザ罹患率は決して高くはありませんが、 罹患してしまうと、肺炎や脳症などの合併症を併発する可能性が高く、 インフルエンザによる死亡率も高齢者が大部分を占めています。 インフルエンザ厚生労働省発表 発生状況報告、流行 図グラフ2019-2020 どれだけ流行しているか わかりやすい図が厚生労働省から発表されてます。

インフルエンザ死亡数

率 インフルエンザ 年齢 別 致死

そして罹患率はインフルエンザが流行した全期間に、どのくらいの人が感染したのかを表します。

13
「入院」項目の20歳以上の数値が「集中治療室」の値と同じになっていました。

高齢者のインフルエンザ罹患率と死亡率 予防接種の有効性、副作用

率 インフルエンザ 年齢 別 致死

それでも重症化する人がこれだけ多いために深刻な問題となっています。 人の体は体温が下がると免疫力が低下します。 なぜ若年層に重症者が少ないのか? いまだ理由は分かりませんが、いずれにしても高齢者ほど予防を徹底する必要があることは間違いなさそうですね。

11
いくつかの既存の医薬品が効きそうという報道はありますが、ワクチンの実用化などには1年以上かかるとも聞きます。

コロナウイルスによる死亡率は、インフルエンザの死亡率のなんと約52倍!

率 インフルエンザ 年齢 別 致死

米国疾病予防管理センターによると、インフルエンザにかかった人の約0. それに対し、季節性インフルエンザが流行して死亡者が多数発生した年でも、アメリカでは医療崩壊を起こさなかったということです。

9
インフルエンザ脳症になってしまうと、1日~2日以内に意識障害を起こし、昏睡状態になってしまうこともあります。 特に高齢者は、脱水になり入院が必要となる場合もあります。

図録▽男女・年齢5歳階級別のインフルエンザ死亡数

率 インフルエンザ 年齢 別 致死

2020年4月、アメリカ・ニューヨーク市の保健衛生局が発表した数字によると、これまでに新型コロナで死亡した男性は10万人当たり43人だったのに対し、女性は同23人でした。

17
過労死ラインが残業月80時間と言われているのに、厚生労働省がと言っているくらいなのです。

【コロナウイルス致死率】インフル・年齢・基礎疾患・人種・大気汚染

率 インフルエンザ 年齢 別 致死

01%程度とされているため、 新型コロナウイルスの致死率は高いということが分かります。 , 5〜9歳、0〜4歳、10〜14歳の順で感染がかかりやすく、70代以上、60代、15〜19歳の感染人数が少ないこと. , 免疫を司る白血球が血液中に存在し、血液のめぐりが良くなることで、異物を排除する働きが活発になります。

16
スポンサーリンク 【有病率と罹患率、 発生状況報告、流行 図グラフ2019-2020厚生労働省発表もとに】 そもそも罹患率と有病率とはどんな意味でしょうか。