iPS研究所の山中教授「最低1年は我慢を」 新型コロナ終息へ「専門外」でも情報発信続ける|社会|地域のニュース|京都新聞

発信 ウイルス 山中 情報 コロナ 伸弥

要約すると、「感染症の専門家ではないが、人類の脅威である新型コロナウイルスに対し医学研究者として情報発信を行うこと。

9
・食欲不振や下痢が主な症状の場合もある。 体調がものすごく悪くなったので、病院に戻してくれと強く主張し、病院に戻られたそうです。

京大山中氏が新型コロナに警鐘、「研究ができるのも平和だからこそ」:日経バイオテクONLINE

発信 ウイルス 山中 情報 コロナ 伸弥

本当にこのままだったらどうなるか"怖い"ということで、これは"完全に山中伸弥個人の意見です"と始めました」と、反対を押し切ってでも動き出したかったことを明かしました。

14
提言4 国民への長期戦への協力要請と適切な補償 2月末のイベント自粛や休校措置の際、「ここ1,2週が山場」という言葉が誤解され、3月中旬に人が観光地や繁華街に溢れました。 PCRや抗原検査を拡充することにより感染者を見出す割合を増やすことが出来ます。

山中伸弥の提言

発信 ウイルス 山中 情報 コロナ 伸弥

メディアとしては、権威ある山中教授の名前を借りて、記事の注目を集めることが目的なのかもしれません。

記者会見などでつねづね口にするのは「患者さんのために」。

iPS研究所の山中教授「最低1年は我慢を」 新型コロナ終息へ「専門外」でも情報発信続ける|社会|地域のニュース|京都新聞

発信 ウイルス 山中 情報 コロナ 伸弥

それで、皆に呼びかけなければいけないと」と、専門外にも関わらず新型コロナの情報を発信するに至った経緯を語りました。 マイクロ飛沫、エアロゾル、バイオエアロゾルとも呼ばれます。

11
PCRで陽性判明。

山中伸弥による新型コロナウイルス情報発信

発信 ウイルス 山中 情報 コロナ 伸弥

ウェブサイト「山中伸弥による新型コロナウイルス情報発信」()を2020年3月13日から始めた。

16
私などは「論文」と聞いただけで拒絶反応を起こしてしまいがちですが 笑 、山中教授は見事にそれら論文の要点だけ、短く簡素にまとめてくれています。 海外発の科学論文や報道に関するまとめ、自らの提言を次々に自身のホームページにアップ。

ノーベル賞の山中教授が新型コロナのHP開設 対策など分かりやすく説明

発信 ウイルス 山中 情報 コロナ 伸弥

対策は、ワクチンや治療薬が開発され、十分量が供給されるまで続けなければなりません。 新型コロナウィルス感染症の克服には、社会の強い連繋が必要であり、政府・国民・医療従事者・報道機関など、みなが当事者として、共に課題を担いあうことが必要です。

9
提言4 国民への協力要請と適切な補償 短期間の自粛要請を繰り返すと、国民は疲弊します。