グリスの用途、モリブデン、ウレア、シリコンの違い、温度や粘度

グリース ウレア

回転トルク:規定時間回転した後に得られるトルクの平均値。

離油度 離油度は、静的な状態でのグリースの構成基油の分離性の指標である。 このため、フェニルエーテル系グリースはエステル系グリースやPAO系グリースよりも、金属を剥離させるまでの期間が長い。

グリース|潤滑油・グリース・ソルベント|ENEOS

グリース ウレア

水の存在下で発錆しやすい。

11
水分の混入はで判定できる。 吸引性は稠度や、増稠剤の繊維の大小による。

解説・注意事項

グリース ウレア

銅板腐食 グリースの銅板腐食とは、そのグリースの金属の指標である。 時間だけ剪断を受けるとグリースは流体となり潤滑性を示すが、回転トルクはこのときの流動性と潤滑性を示す。 鹸化工程が常圧で行われる常圧鹸化法では応用範囲は広く、ほとんどのグリースがこの方法によって製造されている。

12
稠度が増加してグリースが硬化、あるいは減少して軟化すると潤滑寿命となるためである。

ウレア系グリース(種類とそれぞれの特徴)

グリース ウレア

一般的に、高温や高荷重などの過酷な条件でにグリースを用いた場合、軸受の金属組成が変化して金属表面が剥離する。 熱に弱く、滴点が低い。

3
転がり軸受けなどに使用されている。

グリースの特徴と違いについて(ウレアグリースとシリコングリース)...

グリース ウレア

1938年 リチウム石鹸基グリースが開発された。

3
欠点は粘度指数の低さ、流動点の高さ、非常に高い価格などである。 組成 [ ] グリースは基油、増稠剤、添加剤の三要素から成る。

グリースの分類と特性

グリース ウレア

圧送性はグリースの見かけ粘度の大小による。

15
ニグルーブHT• 自動車シャーシ開放歯車に使われる。